ファンタジー・サーチ
カテゴリ − テーマ > 建国
1 - 8 (全8件中)

エウレールの森の民 [作者:アヤキリュウ 様]
エウレールの森の民
[同窓] (17/03/13 07:38 更新)
[アクセス数 現在:8 / 月計:11]
科学技術先進国エウレール――その辺境の森で伝統的な暮らしを営んできた〈森の民〉の少女アスティは、ある事件をきっかけに、若くして王宮騎士団長の重責を担う青年イニスと出会う。イニスらの助言を受け、アスティは故郷の森を守るために王都を訪ねることを決意するが、王都で彼女を待ち受けていたのは、珍しい品々と個性豊かな人々、そして、王国の複雑な歴史と重い現実だった――。※月2回を目標に不定期更新中。

エマニュエル・サーガ−黄昏の国と救世軍− [作者:長谷川 様]
エマニュエル・サーガ−黄昏の国と救世軍−
[同窓] (17/03/13 07:19 更新)
[アクセス数 現在:16 / 月計:30]
【社R】腐敗によって傾き始めた皇国に世直しを掲げ革命軍が立ち上がった。神術使いの少女カミラと大将軍の息子ジェロディは、それぞれの立場から黄皇国と救世軍の争いに巻き込まれていく。二人の主人公の戦いと成長を描く、剣と魔法のファンタジー戦記。

Aldyss [作者:天宮悠惺 様]
Aldyss
[同窓] 読者推薦 (17/03/13 07:17 更新)
[アクセス数 現在:9 / 月計:14]
[作者:天宮悠惺 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Aldyss ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
【社R】二十五世紀の歴史を持つアルディス帝国。隣人、身内と争いながら現在へ至った帝国の過去は、決して安穏としたものではない。多くの愛が踏みにじられ、憎しみへと変わりゆく。これは『三大国』の一つであるアルディスの建国より以前、神話時代から続く物語の、ほんの一端。かの世界に生きる者たちが織りなす、群像劇である。【「1.ファーリーン編 第六章 風の都」まで更新】

廻り火 [作者:里見透 様]
廻り火
[同窓] (17/03/12 08:19 更新)
[アクセス数 現在:7 / 月計:10]
[作者:里見透 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ BLANK BLOCK ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
【PG12】『 誓いをその身に、――灼き付けろ 』全能の王の死と共に、ある帝国が滅びを迎える。だがきたる最期の時を前に人々の胸にあったのは、他でもなく、ただ再会の誓いであった。--転生系長編FT

吟詠旅譚 [作者:里見 透 様]
吟詠旅譚
[同窓] (17/03/02 14:56 更新)
[アクセス数 現在:11 / 月計:20]
[作者:里見 透 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ BLANK BLOCK ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
『昏く 灯る 光 を 追 え。』都から、家族から、遠く隔離され生きてきた王子。友と恩人の間で、信じるべきものに迷う少女。異形により敬遠され、自らの存在に戸惑う三つ目の少年。――三人の主人公、三つの物語が交差する。

アグネイヤIV [作者:山西巧馬 様]
アグネイヤIV
[同窓] 完結 (17/02/25 09:06 更新)
[アクセス数 現在:6 / 月計:14]
[作者:山西巧馬 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Lua Cheia ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
【R15/社R】斜陽の帝国に生まれた双子の皇女。一人は同盟のため隣国の花嫁に、今一人は男装の皇帝に。だが、とある暗殺者との出会いが二人の運命の歯車を狂わせていく。中世欧州風架空史。

それでも朝日は昇る [作者:柴崎桜衣 様]
それでも朝日は昇る
[同窓] (17/02/23 10:08 更新)
[アクセス数 現在:9 / 月計:11]
【社R】大陸有数の強国・アルバには、「呪い」と言うべき迷信がはびこっていた。初代王に倒された魔女が甦り、国を滅ぼすと。魔女と同じ白子の王女・アイラシェールは、父王によって呪いを恐れる国民から隠されて育ったが、時代の動乱が、彼女と彼女を愛する侍従・カイルワーンを悲劇へと押し流していく。だがそれさえも、大きな時間の流れとそれがもたらす「運命」の始まりにすぎなかった。(2012/4/19 番外編2 11話up)

ティトス戦記 [作者:BUTAPENN 様]
ティトス戦記
[同窓] 完結 (17/02/01 10:30 更新)
[アクセス数 現在:7 / 月計:8]
愛する女性を失った剣士は、その命とひきかえに自分の身体を魔王に差し出した。 生き返った彼女の前に現われたのは、すべての記憶をなくして魔王の器となった剣士の姿だった。番外編あり。

カテゴリ − テーマ > 建国
CC-SEARCH VT.2.12β